水槽でカワムツ釣り

昨日は奥さんの実家がある能勢に行きました。

昼間は子供たちと遊び、夕方になると奥さんの妹の子供たちもやってきて、パパは暇になりました。

そこで、近くの川にカワムツを釣りに行くことにしました。

地元ではアカモトなどと呼ばれているようです。

大きさは最大で15cmほどで川で泳いでいるのを見る限り、10cmほどでした。

様子を伺っていると奥さんのお父さんが来るまでやってきて、昔釣りをしていたところを色々回ってくれることになりました。

1箇所目は割と大きい道路の脇ですが、川の水深が50cmほどあるところです。

魚は20匹くらい群れをなして泳いでいるのが見えます。

写真ではわかりにくいですが5cmから10cmほどと思われる魚が泳いでいました。

3mの万能磯竿に2500番のリール、ハリスは1号で何鈎かわからない1号ほどの小さいものを使いました。

これに3Bの玉ウキをつけ、エサは小麦粉と片栗粉に砂糖を少し加え、日本酒で練ったものを使いました。

ここでは15分ほどお父さんと交代しながら釣りましたが釣れません。

次の場所は川を少しせき止めたところで水深が70cmほどありましたが、魚影無く次のポイントへ。

そこではお父さんの知り合いの方が3人ほど集まってきて、そんなたいそうな釣りをするつもりが無かったので、少し恥ずかしくなり、最初に釣ろうと思っていたところへ戻りました。

18時ころまで釣りましたが今回は何も釣れず終わりとしました。

初めての試みで中々難しいことがわかりました。

奥さんの実家に帰り夕飯をいただいたあと暗くなってから、子供たちを釣れて釣りをしていた川へ蛍を捕まえに行きました。

蛍は20から30匹ほど飛んでおり、子供たちは虫網を持って一生懸命とってましたが、私が1匹、おばあちゃんが2匹素手で捕まえ、小学校6年、5年、2年、1年の子供たちは結局網を振り回しながら3匹のみでした。

全部で6匹捕まえて家に持ち帰り、暗いベランダから1匹ずつ逃がしてやるのが恒例の行事です。

蛍を逃がした後キッチンの対面カウンターにおいてある水槽の中で飼っているカワムツを、お父さんが6年生の男の子に釣ってみと言い出し、ハリスに鈎のみの手釣りを始めました。

エサは夕方使っていた練りエサです。

対象魚は5cmほどです。

これが中々難しく、男の子は必死でやってましたが中々釣れず、私にやってみてというので挑戦しました。

鈎の先に3mmほどに丸めたエサをつけ、そっと水の中につけるとカワムツの猛攻が始まります。

かなり激しく食べに来ます。

水槽の中を見ながらエサに食いついた週間に少し合わせると、なんと1発目に見事釣上げることができました。

これには男の子もびっくりしてました。

小学生相手に大人気ないと思いながらも、少し自慢してしましました。

その後、引き続き男の子はエサをご飯粒に変えたりしながら、30分くらいやってやっと1匹釣上げました。

40cmほどのマイクロ釣堀でしたが、とても楽しかったです。

家にも使ってない水槽があるので、思わずやってみようかと思いましたが、あまりに馬鹿げているので。。。

とても楽しい1日でした。

 

その他
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
釣り具ランキング
Amazonアソシエイトについて
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
素人おやじの釣りバカ日誌 第2版
タイトルとURLをコピーしました