ウキ止め考察 素人編

今日はウキ止めについてです。

最近、飛ばしサビキをすると時々ウキ止めのところで高切れしてしまいます。

この問題を解決しようと、色々考えてみました。

良く使うウキ止め

ここ一年で使ったウキ止めは糸のタイプとゴムのタイプです。

高切れは糸タイプでよく起こりました。

重たいカゴをつけたときに、糸が緩んでずり上がるので少し強くしめてしまいます。

それでもウキ下の長さ調整を間違えると、運悪く根掛りしそれをはずそうと引っ張ると、たいていはカゴの上のハリスのところで切れてくれるのですが、何回かに一回はきつく締めたウキ止め糸のところで切れてしまします。

ゴムタイプの場合は高切れはしないのですが数投するとずれます。

色々探しているとシリコン製の糸が売られてました。

下の写真右側の第一精工 キングウキ止めゴムです。

このパッケージには山元式ウキ止めなる結びかたが掲載されていました。

素材は左から糸、ゴム、シリコンゴムひもです。

結び方はどれが良いか?

結び方はユニノット、山元式の二つでも試してみました。

下の写真は左からゴム、ユニノットの糸、ユニノットのシリコンゴム、山元式糸、山元式シリコンゴムです。

結果、道糸の締まりが程よく、滑りにくいのがユニノットのシリコンゴムでした。

ユニノットも山本式も実際は締めかた次第というところで、結局自分が一番結びやすいやり方で、素材だけ滑りにくいものに落ち着きました。

ま~とりあえず釣りに行けるだけでうれしいのですが。

【釣り方】アイテム色々
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
釣り具ランキング
Amazonアソシエイトについて
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
しーちゃんをフォローする
素人おやじの釣りバカ日誌 第2版
タイトルとURLをコピーしました